トルマリン(Tourmaline)

トルマリンってどんな石 電気石と呼ばれ、磁石のように両端にプラスとマイナスの電極をもちます。 ストレス解消や健康に良いと言われるマイナスイオンを発生させます。 10月の誕生石に数えられます。 色は何でもそろうと言われるほどカラーバリエーションに富んでいます。 色ごとに石に名前が付けられています。 パライバトルマリン:トル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガーネット(Garnet)

ガーネットってどんな石 名前の起源は、ラテン語でgranatus=種子に由来し、 日本ではザクロに似ていることから柘榴石と呼ばれています。 ガーネットと聞くと色鮮やかな赤い宝石を思い浮かべると思いますが、実は青色以外の様々な色合いを持つ鉱石です。 ガーネットは研磨が難しいので、丸玉加工では表面に凹凸や傷ができてしまいます。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オパール(Opal)

オパールってどんな石 オパールは見る角度により異なる虹のような遊色効果が特徴の宝石です。 遊色効果が見られるオパールをプレシャスオパールと呼びます。 白を基調とした色だけでなく、ピンク、イエロー、ブラックなどカラーバリエーションに富んでいます。 10月の誕生石の一つです。 オパールの効果 オパールは「創造力を高め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニキス(Onyx)

オニキスってどんな石 オニキスは黒いメノウです。水晶と同じ石英となります。 メノウというと縞模様を思い浮かべると思います。本来のオニキスも黒い石に白い線模様が入ったものでした。 現在は黒い石として流通していますが、多くは人工処理による染色です。 黒いオニキスをブラックオニキス、白いオニキスをホワイトオニキスと呼び区別しています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インカローズ(Incarose)/ロードクロサイト(Rhodochrosite)

インカローズってどんな石 正式名称は、ロードクロサイトですが、通称インカローズと呼ばれています。 インカ帝国が栄えたアンデス山脈で産出され、バラ色の縞模様が美しいことからそう呼ばれるようになりました。 純粋なものは綺麗なピンクですが、鉄分を含むと赤くなります。 縞模様がなく赤みが強い透明感があるものは希少で高級品です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンバー(Amber)

アンバー(琥珀)ってどんな石 アンバーは数千万年前の植物の樹液が化石になったものです。 透明度の高い黄金色が美しく、装飾品に用いられます。 また、樹脂に閉じ込められた太古の動植物等は、学術的にも非常に貴重なものです。 主にドミニカ共和国やバルト海沿岸で産出され、 ドミニカ共和国など地上の鉱区で産出されたものを「ピット・アンバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アパタイト(Apatite)

アパタイトってどんな石 アパタイトは燐酸塩鉱物の集合体で、化学組成の違いによって多彩な色をもちます。 名前の由来となったギリシア語のapate(惑わす、ごまかす)ということからも、 これまでアクアマリンやトルマリンなど違う石に間違われてきました。 青色が美しいブルーアパタイトが一般に流通しています。多くはブラジルで産出されます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクアマリン(Aquamarine)

アクアマリンってどんな石 アクアマリンはベリル(緑柱石)の内部に微量の鉄分が含まれた青い宝石です。 名前の由来もラテン語のアクアマリン(海の水)からきています。 3月の誕生石としても知られています。 市場に出回っているアクアマリンには、エンハンスメント(加熱処理等)が施されています。 加熱処理を加えることで澄んだ青色を作ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギライト(Sugilite)

スギライトってどんな石 スギライトはチャロアイトやラリマーと同じく、世界三大ヒーリングストーンの一つに数えられる石です。 1944年に日本人の杉健一が発見し、1976年に鉱石として認められました。 杉博士にちなんでスギライトなんですね。 チャロアイトと同じように紫色の石として知られていますが、その他にもいろんな色のバリエーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャロアイト(Charoite)

チャロアイトってどんな石 チャロアイトはスギライトやラリマーと同じく、世界三大ヒーリングストーンの一つに数えられる石です。 1949年に発見され、1978年に鉱石として認証されました。 ロシア連邦サハ共和国でのみ産出され、希少です。 黒、紫、白のマーブル模様が特徴で、一つとして同じ模様のない魅惑的な石です。 名前もロシア語のC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリマー(Larimar)/ブルーペクトライト(Blue Pectolite)

ラリマーってどんな石 ラリマーはドミニカ共和国で産出されるブルーペクトライトです。 1974年に発見された非常に新しい鉱石になります。 南国の青い海や白い雲を思わせるような美しい模様が人気のパワーストーンです。 ラリマー、スギライト、チャロアイトは世界三大ヒーリングストーンとされ、 癒し効果に優れているとされる高価な宝石なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラック水晶(Crack Crystal)

クラック水晶ってどんな石 クラック水晶は内側がヒビ割れた水晶です。 天然の水晶を加熱することで人工的にクラックを施します。 内包したクラックにより、光に当てると虹色に輝きとても綺麗です。 クラック水晶の効果 クラック水晶の効果は水晶同様ですが、 その効果は水晶の数倍といわれています。 効果は浄化や精神の調和、潜在能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水晶 (Quartz)

水晶ってどんな石 水晶は他にもクォーツ、クリスタル、ロッククリスタル、石英と色々な名前で呼ばれます。 成分はSiO2。 無色透明の美しい姿は誰もが魅了されます。 パワーストーンは水晶に始まって水晶に終わると言われるほど、水晶抜きでは語れません。 それは水晶が持つ万能な効果、他の石との相性の良さ、そして種類の多さが関係しているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シトリン(Citrine)

シトリンってどんな石 シトリンは和名:黄水晶の名の通り黄色の水晶のことです。 成分も水晶と同じSiO2。 明るく黄色に透き通った姿は宝石そのもので、トパーズと間違えられるほどでした。 主にブラジルなどで産出されます。 アメジストを熱処理することでシトリンとなります。 今、手に入るシトリンはこのような処理をしたものになります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメシスト(amethyst)

アメシストってどんな石 アメシストは和名:紫水晶の名の通りむらさき色の水晶のことです。 成分も水晶と同じSiO2。 日本でも宮城県や鳥取でわずかに産出されます。 産地はブラジルのリオ・グランデ・ド・スール州が有名です。 比較的安価に手に入れられることから、どこかで一度は見たことのある石でしょう。 よく観光地とかで売られてたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more